大手電力会社情報一覧

北陸電力も首都圏で電力販売!「北陸かがやき契約」東電と比べると?

北陸電力も首都圏エリアでの電力販売が開始します。ただ、志賀原子力発電所が停止している現在、供給の余力はそれほどありません。そのため、販売は数量限定。第一次販売分として、1000件限定となっています。


首都圏向けに販売される北陸電力の契約の名前は、「北陸かがやき契約」。北陸かがやき契約について、詳しくみてみましょう。


【北陸かがやき契約】


●料金メニュー


基本料金は、
10アンペアまたは、1kVAにつき、280.80円。
電力量料金は、
最初の120kWhまで、19.52円。
120kWhを超えて、300kWhまで、24.49円。
300kWhを超えて、400kWhまで、25.70円。
400kWhを超えると28.42円。


ちなみに、東京電力の場合は、
基本料金は、
10アンペアまたは、1kVAにつき、280.80円。
電力量料金は、
最初の120kWhまで、19.52円。
120kWhを超えて、300kWhまで、26.00円。
300kWhを超えると30.02円。


基本料金と120キロワット時までの料金は、東京電力と同じですが、120キロワット時を超える分については、東京電力より1キロワット時当たり、1.51円から4.32円安くなっています。


いくら安くなるのかは、電気の使用量によって変わってきますが、1年で2パーセントから、6パーセント安くなる計算です。年5パーセント安くなるなら、変更するべきだと思いますが...


モデルケースの電気料金、具体例で金額をみてみましょう。


○1人暮らしの集合住宅 契約電流30A、月間使用量200kWhの場合
東京電力従量電灯Bだと、1ヶ月5,264円。
北陸かがやき契約だと、1ヶ月5,144円。
一年で、1,400円の節約になります。


○3人家族の一戸建て 契約電流50A、月間使用量400kWhの場合 
東京電力従量電灯Bだと、1ヶ月11,428円。
北陸かがやき契約だと、1ヶ月10,724円。
一年で、8,400円の節約になります。


○2世帯住宅などの大家族 契約容量10kVA、月間使用量800kWhの場合 
東京電力従量電灯Bだと、1ヶ月24,840円。
北陸かがやき契約だと、1ヶ月23,496円。
一年で、15,000円の節約になります。


やはり、電気の使用量が多い家庭の方がお得度が増しますね。


●販売エリア
東京電力エリアなので、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)になります。


●契約容量
30アンペア以上の契約です。あまり電気を使わないひとなら、東電のままでも変わらないですからね。


●利用環境
インターネットを利用できる環境の方のみです。首都圏と北陸...距離が離れているので、やりとりのためのネットでしょう。まぁ、ほとんどの家は、ネット環境が整っていると思いますが...


ちなみに、申し込みもインターネット限定となっています。北陸電力のホームページに入り、首都圏お客様用ページから、申し込み手続きをします。


●電気料金支払い方法
クレジットカードでの支払いのみとなっています。提携クレジットカード会社は、
JCB、VISAカード、マスターカード、イオンクレジットカードサービス、オリエントコーポレーション、クレティセゾン、ジャックス、MUFGカード、UFJニコス、DCカード、UCSカード、UCカード、楽天カード、楽天KCカード、三井住友カード、トヨタファイナンス、ダイナースクラブ、アメリカンエクスプレスカード
です。主だったところは、ありますね。


●契約期間
契約期間は、原則1年となっています。ただ、解約しても違約金などは、発生しません。いつでもやめられるというのは、気が楽ですね。


やめるつもりで契約するわけではありませんが、携帯なんかの2年しばり、機種変更出来ないというのは、結構負担だったりしますからね。


●早期お申し込み特典
期間限定の特典があります。対象は、2016年5月31日までに申し込んだ人。この中から抽選で「北の魅力」がプレゼントされます。


「北の魅力」って何?という話ですが、
○あこがれのグランクラスで行く!北海道新幹線往復ペアチケットが1組様
※片道がグランクラス、一方は、普通車指定席です。
○天然のいけす、富山湾の恵み富山味覚セットが、5名様
白えび、ほたるいかなど5千円相当分です。こうゆうのは、誰に当たっても無駄にならないですね。
○コシヒカリ発祥の地!福井県産のコシヒカリ5kgが、10名様
3千円相当分です。お米も無駄にならないですね。あっ...、炊飯器のない一人暮らしの家だとちょっと困るかもしれませんが...


1契約につき、一口の応募、自動エントリーです。どうせ、あたらないよ...と思っている方も多いでしょうが、契約数が限られているぶん、他の抽選よりよりは、当たる確率が上になっていると思います。


どのみち申し込むなら、2016年5月31日に間に合うようにしたいところです。


最初にかきましたが、「北陸かがやき契約」は、まず1000件限定。1000件で、商売になるのかな...なんて思っちゃますが、1ヶ月1万円の電気代払う家庭が1000件なら、1ヶ月で1000万円。一年で、1億2千万円のお金が動きます。うーん...十分商売になってますね。


電気代は、必ず毎月払うもの、一度契約してもらえれば、安定して売上げがみこめます。電力自由化で参入しようとする会社が多いわけです...


関連ページ

【北陸電力の新サービス】節電で割引の節電とくとく電灯!くつろぎナイト12とは?
中国電力の新料金メニュー「ぐっとずっと。プラン」どんなコースがある?
【四国電力の新サービス】よんでんポイント!新料金のホリデーeプランとは?
四国以外の地域も四国電力?!オリーブプランとイエロープラン
九電の電気が東京電力エリアで買える!?「九電みらいエナジー」



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較