大手電力会社情報一覧

四国以外の地域も四国電力?!オリーブプランとイエロープラン

中部電力、九州電力が地元だけでなく、関東圏での電気の販売をはじめていますが、なんと四国電力もこの流れにのりました。

地域は、東京エリアと関西エリア。オリーブプランとイエロープランがあります。それぞれみてみましょう。


【東京エリア】


※東京エリアとは、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)になります。


●オリーブプラン
契約電流が30A以上60A以下のプラン。月額使用量300kWh以上の家庭に向いています。東京電力でいうところの、従量電灯Bです。


定額料金として、最初の300kWhまでは、7,800円00銭。電力量料金で、300kWhを超えると1kWhにつき28円30銭。


●イエロープラン
最大需要電力が6kW以上、かつ原則として50kW未満のプランです。電気の使用量の多い、商店、小規模法人向けのメニューになります。東京電力でゆうところの、新料金プラン「スタンダードX」(スマート契約)に相当します。


基本料金は、契約電力1kWにつき360円00銭。電力量料金は、1kWhにつき26円50銭。


【関西エリア】


関西エリアとは、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除く)、福井県の一部、岐阜県の一部および三重県の一部になります。


●オリーブプラン
最大需要電力等が6kW以下のプラン。月額使用量300kWh以上の家庭に向いています。関西電力でゆうところの従量電灯Aです。


定額料金として、最初の300kWhまでは、7,800円00銭。電力量料金で、300kWhを超えると1kWhにつき30円30銭。


●イエロープラン
最大需要電力が6kW以上、かつ原則として50kW未満のプランです。電気の使用量の多い、商店、小規模法人向けのメニューになります。関西電力でゆうと、従量電灯Bやeスマート10に相当します。


基本料金は、契約電力1kWにつき410円00銭。電力量料金は、1kWhにつき26円60銭。


1ヶ月300kWh以上の家庭だと割安になる感じですか。いろいろ新電力会社が出ている中で、あえて四国電力を選ぶという人は、少ないかもしれません。


四国出身の方なんかが、地元の会社を応援する意味で、四国電力の電気を買うというのは、ありかもしれません。


しかし、東京に住んでいて、四国電力の電気を契約...。何か不思議な時代になりましたね。


《四国電力の問い合わせ先》


○よんでんお客様サポートセンター
0120-410-761


受付時間は、月曜日から金曜日の8時40分から、17時20分。
土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除きます。


○メールでの問い合わせ先
https://www.yonden.co.jp/cgi-bin/form30.cgi


何か分からないことがあったら、ここに問い合わせてみてください。


関連ページ

東京電力の新しい料金プラン | 中部・関西エリアのプランも!
【東京電力の新サービス】Tポイントかpontaポイントがたまる!
中国電力の新料金メニュー「ぐっとずっと。プラン」どんなコースがある?
【四国電力の新サービス】よんでんポイント!新料金のホリデーeプランとは?
九電の電気が東京電力エリアで買える!?「九電みらいエナジー」



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較