大手電力会社情報一覧

中国電力の新料金メニュー「ぐっとずっと。プラン」どんなコースがある?

電力自由化にあわせて、中国電力が新料金メニューの「ぐっとずっと。プラン」というものを出してきました。ぐっとずっと。プランのコースは、4つ。どんなコースがあるのかみてみましょう。


スマートコース


ぐっとずっと。プランの基本のコースになります。一般家庭の多くは、従量電灯Aで契約していると思いますが、従量電灯Aと比べた時、スマートコースは、1年で1,300円ほど安くなります。


最低料金が、従量電灯Aよりも100円ちょっと安いので、その分の差ですね。1,000円でも100円でも少しでも安くなるほうがありがたいところです。


料金単価は、平成28年4月1日以降、5月31日まで、
・最低料金が最初の15kWhまで、1契約222.26円。
・電力量料金が、15kWhを超え120kWhまで、1kWh20.34円。
120kWhを超え300kWhまで、1kWh26.90円。
300kWhを超えると1kWh28.98円。


平成28年6月1日以降は、
・最低料金が最初の15kWhまで、1契約223.23円。
・電力量料金が、15kWhを超え120kWhまで、1kWh20.40円。
120kWhを超え300kWhまで、1kWh26.96円。
300kWhを超えると1kWh29.04円。


これに、燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金がプラスされます。


シンプルコース


電気をたくさん使う家庭におすすめのコース。電気をどれだけ使っても料金単価が変わりません。今まで、従量電灯Aを契約していて、電気の使用量が月平均400kWhより多いとお得になります。


家族が多い家庭、昼間も家で電気を使うことが多い家庭は、これですね。


基本料金は無し。
料金単価は、平成28年4月1日以降、5月31日まで、
・電力量料金が、1kWh25.25円。
・最低月額料金が、1契約1,620.00円。


平成28年6月1日以降は、
・電力量料金が、1kWh25.31円。
・最低月額料金が、1契約1,620.00円。


これに、燃料費調整額と再生可能エネルギーと発電促進賦課金がプラスされます。


ナイトホリデーコース


電気料金が安い夜間の時間帯が増え、休日も割安になる新しいコースです。電気を使う時間を考えると節約になりますね。


まず、時間帯は、3つ。デイタイム、ホリデータイム、ナイトタイムがあります。


○デイタイム
平日の9時から21時。同じデイタイムでも季節の区分もあります。夏季が7月1日から、9月30日まで。その他季が、10月1日から翌年の6月30日までです。


○ホリデータイム
土曜日と日曜日と祝日が休日で、ホリデータイムが全日適応されます。これ以外に、1月2日から1月4日、5月1日と5月2日、12月30日と12月31日もホリデータイムが全日適応されます。


あれっ、元旦は...なんて思っちゃいますが、1月1日は、祝日です。5月1日と5月2日は、ゴールデンウィークだからですね。こうゆう配慮は、うれしいところです。


○ナイトタイム
平日の0時から9時と21時から24時です。


料金単価は、平成28年4月1日以降、5月31日まで、
・電力量料金が、夏季のデイタイムは、1kWh40.15円。
その他季のデイタイムは、1kWh36.47円。
ナイトタイムは、1kWh17.81円。
ホリデータイムは、1kWh17.81円。
・最低月額料金は、1契約1,620.00円。


平成28年6月1日以降は、
・電力量料金が、夏季のデイタイムは、1kWh40.21円。
その他季のデイタイムは、1kWh36.53円。
ナイトタイムは、1kWh17.87円。
ホリデータイムは、1kWh17.87円。
・最低月額料金は、1契約1,620.00円。


これに、燃料費調整額と再生可能エネルギーと発電促進賦課金がプラスされます。


電化Styleコース


名前の通り、電化住宅に住んでいる方に向いている新コースです。電化住宅でなくても、電気給湯器などを使っていて、電気の使用量が400kWhより多いという家庭にも向いています。


ナイトホリデーコースのように、時間帯により電力量料金がかわります。※時間帯の区分は、ナイトホリデーコースと同じ。


料金単価は、平成28年4月1日以降、5月31日まで、
・基本料金が、契約電力10kWまで、1契約1,620.00円。10kWを超えると1kW399.60円。
・電力量料金が、夏季のデイタイムは、1kWh32.02円。
その他季のデイタイムは、1kWh30.00円。
ナイトタイムは、1kWh14.54円。
ホリデータイムは、1kWh14.54円。


平成28年6月1日以降は、
・基本料金が、契約電力10kWまで、1契約1,620.00円。10kWを超えると1kW399.60円。
・電力量料金が、夏季のデイタイムは、1kWh32.08円。
その他季のデイタイムは、1kWh30.06円。
ナイトタイムは、1kWh14.60円。
ホリデータイムは、1kWh14.60円。


今までより電気料金が高くなってしまっては、意味がありません。自分の家庭はどのコースがいいのか、よく考えて契約しましょう。


これらの4つの料金コースに申し込みたい方は、中国電力の会員制WEBサイト、「ぐっとずっと。クラブ」から。入会金、年会費無料のクラブなので、まずは、登録しましょう。


「ぐっとずっと。プラン」ができたことで、今まであったメニューの新規加入の受付が停止されます。平成28年4月以降、新規加入できなくなるのは、
・時間帯別電灯(エコノミーナイト)
・深夜電力
・ファミリータイム(プランⅠ)
・ファミリータイム(プランⅡ)
・第2深夜電力
・電灯ピークシフトプラン


ただ、平成28年3月末までにこれらのメニューに加入している方は、引き続き契約を継続できます。


関連ページ

【中国電力の新サービス】スーパーのイズミと提携「ゆめタウンメニュー」
【四国電力の新サービス】よんでんポイント!新料金のホリデーeプランとは?
東京電力の新しい料金プラン | 中部・関西エリアのプランも!
中部電力の新たなプラン │ カテエネポイントが電気料金に使える!
関西電力の新プラン「eスマート10」とは?はぴeみる電のはぴeポイント



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較