大手電力会社情報一覧

関西電力の新プラン「eスマート10」とは?はぴeみる電のはぴeポイント

関西電力の電気プランにeスマート10というのが新登場しました。どんなプランかみてみましょう。


eスマート10というのは、使用する季節や時間帯で、電気料金単価が変わってくるというプラン。電気料金、使用料をWEBでチェックできる「はぴeみる電」もセットになっています。


家族の人数が多くて、電気の使用量が多い家庭、朝や夕方以降に電気をよく使う家庭、電気を使う時間帯を工夫して、電気代を安くしたい...という人なんかに向いています。


多くの家庭は、現在、関西電力の従量電灯Aで契約していると思います。従量電灯Aは、使用する季節、時間帯に関係なく、使用量に応じて料金単価が増えていくプラン。


15kWhまでの最低料金 373.73円。料金の単価は、使用量に応じて3段階に変化します。
第一段階の料金、最初の120kWhまでは、1kWhにつき22.83円。
第二段階の料金、120kWhを超え、300kWhまでは、1kWhにつき29.26円。
第三段階の料金、300kWhを超えるとは、1kWhにつき33.32円です。


これと比較して、eスマート10をみてみます。


基本料金は、
最初の6kWまでは、1188円00銭。
6kWを超えると1kWにつき、388円80銭。


電力量料金は、
デイタイムが、42円65銭。
リビングタイム(夏季)が、34円12銭。
リビングタイム(他季)が、31円02銭。
ナイトタイムが、18円60銭。


7月から9月の休日は、
8時から22時までがリビングタイム(夏季)で、
22時から8時までがナイトタイム。


7月から9月の平日は、
13時から14時がデイタイム。
8時から13時までと16時から22時までがリビングタイム(夏季)。
22時から8時までがナイトタイム。


10月から6月は、
8時から22時までがリビングタイム(他季)で、
22時から8時までがナイトタイム。


22時から8時までがナイトタイムというのは、いつでも共通ですね。1日の内の約4割、10時間が、18円60銭という安いナイトタイムの電気代です。


夜型の家、夜電気をたくさん使う家は、だんぜんお得になりそうですね。


各家の家族構成、ライフスタイルで変動しますが、従量電灯Aを契約している家庭で、1月の電気の使用量が550kWh程度の場合、eスマート10にすることで、1年3,700円から6,900円節約できるようです。


1年5000円安くなるなら、こちらに切り替えた方がお得ですね。


eスマート10への切り替え手続きは、簡単。コールセンターなどで、申し込むだけです。費用はかかりません。ただ、計量器交換が必要となる場合あります。


はぴeみる電ついても説明しましょう。


はぴeみる電のはぴeポイント


はぴeみる電は、電気料金や使用量のWEBサービス。過去2年間の電気料金と電気使用量の一覧を確認できたり、他のユーザーとの比較ができます。


スマートメーターを導入すれば、1日、一時間単位での電気の使用量がチェックできるので、節電したいと考えている人は、非常に役立つでしょう。

このはぴeみる電を利用すると、はぴeポイントというポイントがたまっていきます。


・入会してポイント
・ログインしてポイント
・アンケートに答えてポイント
・コンテンツを閲覧してポイント
・関西電力のグループサービスを利用してポイント
(ケイオプティコムeo光、関電SOS、かんでんEハウス)


ポイントがたまるキャンペーンなんかもあり、1年で1,600円相当以上のポイントを貯められるようです。
※契約がeスマート10で、1ヶ月の電気料金の平均16,000円、毎月みる電にログインした場合。


ためたポイントは、いろいろ使えます。


○アイテムへの交換。


宿泊サービス、キッチン用品、グルメ、カタログギフトなどと交換できます。その数、200種類以上。物をもらえるのが、一番楽しいし、ためがいがあるでしょうか。


○暮らしのサービスに利用する。


インターネットサービス(ケイオプティコムeo光)、ホームセキュリティ(関電SOS)ーの初期費用に利用できます。


関西電力のグループのサービスなので、ポイントの効率は良さそうです。


○他社のポイントと交換する。


使い勝手がいいのがこれですね。他にも利用しているポイントがあれば、一緒にできます。


・auのWALLETポイント
・NTTドコモのdポイント
・Pontaポイント
・WAONポイント
などと交換ができます。


ローソンでも使えるPontaポイントなんかいいんじゃないでしょうか。


はぴeポイントをためて使うのに、登録費や年会費は不要です。ただ登録は必要になります。利用するしないにかかわらず、とりあえず、登録だけしておいたほうが良さそうです。


はぴeポイントの登録手続きは、はぴeみる電ホームページで、平成28年4月1日(金)からです。はやめに、登録してポイントをためていきたいところです。


最後に、はぴeみる電の珍しいサービスも紹介しておきます。はぴeみる電では、関西エリア32社、約1,400店舗のスーパーマーケットの特売情報もチェックできるとのこと。


主婦の方なんかは、電気と関係なく、みてしまいそうですね。


関連ページ

【関西電力の新サービス】身近なトラブルの解決!はぴe暮らしサポート
東京電力の新しい料金プラン | 中部・関西エリアのプランも!
中部電力の新たなプラン │ カテエネポイントが電気料金に使える!
電気は使うほど料金が高くなる(従量電灯B)?!アンペア数と基本料金
全国各地の電気代 | 日本一高い地域と日本一安い地域は?



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較