大手電力会社情報一覧

電気は使うほど料金が高くなる(従量電灯B)?!アンペア数と基本料金

電気会社とどういった契約をしているでしょうか。東京電力の場合、一般家庭で一番多く契約されているのが、従量電灯Bというメニューです。従量電灯Bについてかきます。


実は、この電気、使えば使うほど高くなっていることはご存知でしょうか。ガス料金や、水道料金なんかは、使うほど高くなるなんて聞いたことはありませんが、電気はそうなっているんです。


●第1段階料金
最初の120kWhまでは、1kWh19円43銭...
●第2段階料金
120kWhをこえ300kWhまでは、1kWh25円91銭...
●第3段階料金
300kWhをこえると、1kWh29円93銭...


一人暮らしではないかぎり、第1段階料金、120kWh以内に抑えるようにするのは難しいでしょうが、第2段階料金、300kWh以内を目指すことは可能でしょう。


第1段階の料金と第3段階料金の料金で、10円近くも違うんですね。1kWhでは、10円ですが、数字が大きくなると結構な額です。


たくさん電気を使ってくれる人には、料金を安くするというのなら分かりますが、高くするというのは、不思議なところ。普通、商品は、たくさん売れた方がいいですからね。


ですが、電気の場合は話は変わってきます。発電量も決まっていて、使いすぎてもらっても困るというところなんでしょう。電気料金が高いと夏の冷房なんかも控えようという気になります。


毎月、300kWhオーバーは当たり前という家庭は仕方ないですが、300kWh前後をいききしている家だと300kWh以内に抑えるよう意識してみてもいいでしょう。


アンペア数と基本料金


アンペア数と基本料金の関係を知らない人もいるでしょう。契約のアンペア数によって、基本料金が変わってくるんです。


東京電力の場合、
10Aだと、280円80銭
15Aだと、421円20銭
20Aだと、561円60銭
30Aだと、842円40銭
40Aだと、1,123円20銭
50Aだと、1,404円00銭
60Aだと、1,684円80銭


アンペア数で、基本料金がかなり違うのが分かります。30アンペアで十分なところ、40アンペア契約をしているなら、1,123円引く842円で、281円。約300円ずつ損していることになります。ちょっともったいないですね。


アンペア数といわれても自分の家がどのくらい必要か分からない人もいるでしょう。各電気器具のアンペア数をみてみると


●電球型蛍光灯が1A
●ドラム式選択乾燥機(洗濯)が2A
●液晶テレビ(42型)が2.1A
●冷蔵庫(450L)が2.5A
●エアコンが6.6A
●電気カーペット(3畳)が8A
●掃除機(強)が10A
●電気ケトルが10A
●ヘアドライヤー(強)が、12A
●ドラム式選択乾燥機(乾燥)が13A
●炊飯器(5.5合)が13A
●食器洗い乾燥機が13A
●アイロンが14A
●電子レンジが15A
ぐらいとなっています。


一番アンペアを使う時期の、ピーク時の電力消費のアンペアを計算してみます。冷蔵庫は常についています。居間で、エアコンをつけて、テレビをつけている。キッチンで、電子レンジと炊飯器。洗濯機も回っていると...


一番電気を使ったアンペアのちょい上のアンペアと契約しているとちょうどいいということですね。
一人暮らしは20Aから30A、家庭だと40A以上になります。


30Aの契約をしていて30A以上使ったらどうなるか...誰でも一度くらい経験があると思いますが、アンペアブレイカーが落ちた状態になり、電気がとまります。


しょっちゅうブレイカーが落ちるようでは、契約アンペア数が低すぎるという状態。今まで一度もブレーカーが落ちたことがないという方は、十分足りているということ。この場合、契約を一段階下げても大丈夫な可能性がありますね。一度計算してみてください。


電気料金の内訳


電気料金のメインは、基本料金と電力量料金かける使用料の合計ですが、実はこれ以外にも足されているお金があります。


それが、燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金です。


燃料費調整額は、燃料価格の変動に応じて電気料金を調整するするもの。燃料が安くなれば、電気代も安くなります。


再生可能エネルギー発電促進賦課金は、 再生可能エネルギーの買取りに要する費用のこと。電気の使用量に応じて料金は、かわります。


太陽光発電の電気を買い取るためのお金...たいした額ではありませんが(一般家庭で、2、3百円)、売電してない人は、ちょっと損している感じがしますね。


関連ページ

東京電力の新しい料金プラン | 中部・関西エリアのプランも!
中部電力の新たなプラン │ カテエネポイントが電気料金に使える!
関西電力の新プラン「eスマート10」とは?はぴeみる電のはぴeポイント
全国各地の電気代 | 日本一高い地域と日本一安い地域は?



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較