新規参入の電力会社一覧

大分でつくった電気は大分でつかう地産地消の【新電力おおいた】

その名の通り、大分県で電力供給をする「新電力おおいた」。地産地消、大分でつくった電気は、大分でつかうということを理念としています。


2016年から電力供給がはじまるわけですが、まず、公共施設・商業施設などの高圧需要家向けのものになります。


低圧需要家...一般家庭への電力供給はないの?という話ですが、一応2016年の10月からを予定しています。まず、高圧需要家向けが成功してからということでしょう。


「新電力おおいた」の契約発電所は、ソーラーファーム由布、ソーラーファーム佐伯、ソーラーファーム丹川という太陽光発電。電源も募集 していますが、電源種別は、小水力発電、地熱発電、バイオマス発電。


大分は、再生可能エネルギー自給率が、全国でもトップクラスですが、再生可能エネルギーに絞っているようです。これは、いいことですね。こうゆう会社が成功してほしいところ。使う方も安心して電気を使えます。


新電力おおいたの設立理念をまとめておきます。

○エネルギーの地産地消
地域単位で電力の需給契約をし、地域に経済効果を
○自然エネルギーの普及
集中型電源から分散型エネルギー社会への転換
○地域活性化
HEMSを活用したスマートコミュニティの形成


HEMS(ヘムス)とはHome Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)の略。省エネのための管理システムです。


一般家庭へのサービスは、2016年10月からの予定とかきましたが、家庭120軒にHEMSをとりつけた社会実験が、佐伯市ではじまっています。うまくいけば、HEMSを活用 した、すごく便利なサービースもはじまるかもしれませんね。


家庭用の電力供給がはじまったら、大分の方なら、乗り換えを考えてみてもいいでしょう。さて、次に、新電力おおいたの電気料金についてみてみます。


新電力おおいたに切り替えるといくら安くなるのか?


新電力に切り替える人の多くの理由は、電気料金が下がるから。新電力おおいたは、いくらくらい安くなるのでしょう。


負荷率が関係しています。負荷率とは、「年間電力量」を「契約電力×24×365」で割ったもの。これが、25パーセント未満の場合、お得度がアップします。


乗り換えるメリットが大きくなるのは、負荷率が低い状態ということです。契約電力に対して、電力使用量が少ない状態ですね。


学校や役所など、電力を使うのがある時間に限られているとお得度がアップします。
※学校や役所で使う電気は、昼間に集中、夜は、使われないですからね。


逆に、乗り換えるメリットが小さくなっちゃうのは、負荷率が高いところ、1日24時間、フルタイムで電力が使用されているところです。


24時間稼働している工場やホテルなどですね。


実際、電気料金がいくらくらいになるかというのは、「新電力おおいた」が試算して教えてくれます。その際、過去12ヶ月分の電気料金の請求書が必要になります。


過去の電気の使用量から、電気料金の予測が分かる。他の電力会社、家庭用の電気でもはじめてほしいサービスですね。


関連ページ

福岡・熊本・長崎の人の選択肢。ポイントサービスもある九州【西部ガス】
九州全域が対象!自治体の電力「みやまんでんき」【福岡県みやま市】
湘南ベルマーレ・水戸ホーリーホック...Jリーグチームの電気?!
ワタミも電気!おはようメールとは?【ワタミファーム&エナジー株式会社】
太陽光発電100%の「太陽のでんき」【NTTスマイルエナジー】



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較