新規参入の電力会社一覧

ガスセット割でいくら安くなる?中部電力がパートナー【青梅ガス】

東京といっても、ガス会社は、東京ガスだけではありません。たくさんのガス会社が存在します。


その中で、東京都青梅市の方になじみの深い、青梅ガス株式会社が、電気の販売をはじめます。


青梅ガスが提携したのは、中部電力。中部電力グループが発電した安価で良質な電気を提供することになります。東京で、中部電力の電気というのは、不思議な話ですが、それが可能な時代なんですね。


青梅ガスの電力料金メニューについてみてみましょう。


【OGプランB 】


●基本料金は、
契約電流30Aで、1契約842円40銭。
契約電流40Aで、1契約1123円20銭。
契約電流50Aで、1契約1404円00銭。
契約電流60Aで、1契約1684円80銭。
(東京電力従量電灯Bと同額)


●電力量料金は、
最初の120kWまでが、1kWh23円94銭。(東京電力は、19円43銭)
120kWhを超えて、300kWhまでが、1kWh23円94銭。(東京電力は、25円91銭)
300kWhを超えて、340kWhまでが、1kWh23円94銭。(東京電力は、29円93銭)
340kWhを超えると、1kWh26円20銭。(東京電力は、29円93銭)


OGプランB は、最初の340kWhまでとそれ以上の、2段階制。東京電力従量電灯B3段階制と比べると、電気の使用量が少ない場合以外は、お得になりそうです。


【OGプランC 】


●基本料金は、1kVA280円80銭(東京電力従量電灯Cと同額)


●電力量料金は、
最初の120kWまでが、1kWh25円00銭。(東京電力は、19円43銭)
120kWhを超えて、300kWhまでが、1kWh25円00銭。(東京電力は、25円91銭)
300kWhを超えて、340kWhまでが、1kWh25円00銭。(東京電力は、29円93銭)
340kWhを超えると、1kWh26円70銭。(東京電力は、29円93銭)

東京電力従量電灯Cと比べると基本料金は同じ、電力量料金は使うほど安くなるという感じです。


【ガスセット割】


ガス会社なので、これがないとはじまりません。青梅ガスグループの都市ガス、簡易ガス、LPガスを契約している方で、「OGプランB」「OGプランC 」を契約するとガスセット割が適応されます。


●OGプランB、OGプランCともに、
1カ月の使用電力量1kWhにつき1円割引
となります。


OGプランとガスセット、青梅ガスの電気にすることで、今までより、一体いくらくらい節約できるのかが知りたいところ。例をみてみましょう。


[契約アンペア40A、月平均392kWhの電気を利用している家庭]
(3人家族一戸住宅)

○今までの電力会社では、
年間の電気代は、約130,500円。
○青梅ガスの電気(ガスセット割り)では、
年間の電気代は、約123,000円。


1年で、約7500円差が出てきます。7500円は、大きいですね。これぐらい節約できるなら、青梅ガスの電気に変更する意味が十分あると思います。


[契約容量12kVA 月平均1,000kWhの電気を利用しているお店]
(住宅ではなく、店舗の場合ですが、のせておきます。)


○今までの電力会社では、
年間の電気代は、約375,700円。
○青梅ガスの電気(ガスセット割り)では、
年間の電気代は、約341,800円。


1年で、約33,900円差が出てきます。元の電気料金が大きのでその差もでかくなっているわけですが、3万以上も節約できるんですね。動かなければ、毎年、3万円ドブに捨てているのと同じ...?電力会社を変更するなら早めの方が良さそうです。


しかし、ガス会社で、電気を売り出すところは多いですね。電気会社で、ガスを売り出すところも、出てくるでしょう。ガスも電気も、エネルギー。近い将来、エネルギー会社として融合していくのかもしれませんね。


関連ページ

中部地方の人の選択肢は東京ガスよりこっち【東邦ガス】
北ガスの電気はお得?付帯割引メニューとポイントサービス【北海道ガス】
ガスと電気がセット!2年契約で最大5パーセントの割引【大阪ガス】
福岡・熊本・長崎の人の選択肢。ポイントサービスもある九州【西部ガス】
栃木県・神奈川県に営業所の多いガス会社【中央セントラルガス】



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較