新規参入の電力会社一覧

風力・ソーラーなど再生可能エネルギーで発電【ミツウロコグリーンエネルギー】

ミツウロコグリーンエネルギー株式会社という会社も電力の小売りをはじめます。


ミツウロコグリーンエネルギーは、ミツウロコグループホールディングスの一員。ミツウロコグループです。


ミツウロコグループといわれても、聞いたことのないという方も多いでしょう。ウロコという言葉が入っているので、なんか魚を連想してしまいますが、石炭、石油製品、LPガス、自然エネルギーとエネルギーを供給してきたグループ。90年以上の歴史があります。


天塩風力発電所、紙栖風力発電所、的山大島風力発電所、久美原風力発電所、細谷風力発電所の5ヶ所の風力発電所。富津ソーラー発電所、水郷湖来ソーラー発電所の2ヶ所のソーラー発電所、木質バイオマス発電所で、年間約2億7,000万kWhも再生可能エネルギーで発電をしています。
※的山大島風力発電所は、離島における風力発電施設の日本最大級。


提供エリアは、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアと幅広いです。


ちなみに、LNG、石炭、石油を燃料とする発電所からの電力も調達しています。需要のある電気を、再生可能エネルギーの発電だけで、まかなえるというわけには、まだいかないようですね。


それでも、同じ電気なら、再生可能エネルギーで発電した電気の割合が多い方がいいと考えている方は、選択肢に入ってくるのではないでしょうか。


【東北電力エリアのプラン】


青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県


基本料金は、
10Aが、324.00円
15Aが、486.00円
20Aが、648.00円
30Aが、972.00円
40Aが、1,296.00円
50Aが、1,620.00円
60Aが、1,944.00円


電力量料金が、
第一段階、最初の120kWhまでが20.24円
第二段階、120kWhを超えて300kWhまでが22.80円
第三段階、1300kWh超えると26.31円


基本料金は、東北電力の従量電灯Bと同じです。電力量料金は、第一段階は、2円高くなっていますが、第二段階になると2.07円安くなります。


計算すると1ヶ月236kWh以上以上、電気を使う家庭だとミツウロコの方が節約できます。


【東京電力エリアのプラン】


群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の富士川以東


基本料金は、
10Aが、280.80円
15Aが、421.20円
20Aが、561.60円
30Aが、842.40円
40Aが、1,123.20円
50Aが、1,404.00円
60Aが、1,684.80円


電力量料金が、
第一段階、最初の120kWhまでが、21.43円
第二段階、120kWhを超えて300kWhまでが、22.63円
第三段階、300kWh超えると25.24円


基本料金は、東京電力の従量電灯B、新プランのスタンダードSプランと同じです。電力量料金は従量電灯Bと比べて、第一段階は、2円高くなっていますが、第二段階になると3.28円安くなります。3円以上安いのは、大きいですね。ちりも積もれば山となっていきます。


1ヶ月の電気の使用料が194kWh以上の家だと、ミツウロコの方がお得です。


東京電力のスタンダードSプランと比べた場合は、どの段階でもミツウロコの方がお得になります。


【中部電力エリアのプラン】


長野県、愛知県、岐阜県(飛騨市、郡上市、関ケ原町を除く)、三重県(熊野市(飛鳥町、有馬町、育生町、五郷町、井戸町、金山町、神川町、木本町、紀和町、久生屋町)以南の地区を除く)、静岡県の富士川以西


基本料金は、
10Aが、280.80円
15Aが、421.20円
20Aが、561.60円
30Aが、842.40円
40Aが、1,123.20円
50Aが、1,404.00円
60Aが、1,684.80円


電力量料金が、
第一段階、最初の120kWhまでが、22.68円
第二段階、120kWhを超えて300kWhまでが、22.97円
第三段階、300kWh超えると25.52円


基本料金に関してゆうと、中部電力の従量電灯Bプラン、新料金プラン同じ料金になります。電力量料金は、第一段階は、2円高く、第二段階が、2.11円安い料金になっています。


計算すると1ヶ月234kWh以上電気と使う家庭だと、ミツウロコの電気の方が、安くつきます。


【関西電力エリアのプラン】


京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部


最初の15kWhまでの最低料金、373.73円
電力量料金、
第一段階、15kWhを超え、20kWhまでが、24.83円
第二段階、120kWhを超え、300kWhまでが、26.82円
第三段階、300kWh超えると28.08円


関西電力の従量電灯Aと比べた際、最初の15kWhまでの最低料金は一緒。第一段階の料金は、関西電力より、2円高い。第二段階になると、2.44円安いです。


計算すると、月に219kWh以上電気を使う家庭だと、ミツウロコの電気の方が安くつくということになります。

※九州電力エリアは、現在検討中とのことです。


どのエリアでも、1ヶ月250kWh以上電気を使う家庭は、お得になります。一人暮らしの家だと、これ以下かもしれませんが、家族と暮らしている場合、250kWh以上の家は、多いんじゃないでしょうか。


ミツウロコグリーンエネルギーのWEBサイトでは、電気料金のシミュレーションもできます。いくらくらい安くなるのか、試しにチェックしてみてもいいかもしれません。
http://mitsuurokogreenenergy.jp/teaser/


関連ページ

大手総合商社丸紅が家庭用電力小売りに参入!【丸紅新電力】
300kWh超えると東電より9%安い!ローソンと三菱商事のタッグ【まちエネ】
スーパーマーケットで電気買える!スマ電【アイ・グリッド・ソリューションズ】
生協でも電気を提供?コープでんき【大阪いずみ市民生活協同組合】
エアロテック住宅向けプランを東京電力と共同開発!【三菱地所ホーム】



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較