新規参入の電力会社一覧

椰子殻で発電?バイオマス発電の電気【イーレックス株式会社】

イーレックス株式会社の特徴は、バイオマス発電による再生可能エネルギー開発を積極的に進めているという点です。


バイオマス発電といわれてもピンとこないでしょうが、バイオマスとは、bio、生物資源とmass、量という英語が合体した言葉。生物資源を有効活用する発電になります。


バイオマス発電には三種類あります。直接燃焼方式と熱分解ガス化方式と生物科学的ガス化方式。


●直接燃焼方式
バイオマス燃料(間伐材、木くずなどを木質ペレット、木質チップにしたもの。可燃性ゴミ)を直接燃焼させタービンをまわし発電します。火力発電の燃料が違うという感じですね。


●熱分解ガス化方式
直接燃焼方式と同じように木くず、可燃性ゴミのバイオマス燃料を使いますが、直接燃焼させるのではなく、加熱してガスを発生させガスタービンをまわします。


●生物科学的ガス化方式
家畜の糞尿や生ごみ、下水汚泥などを使います。これらを発酵させメタンなどのバイオガスを発生させてガスタービンをまわし発電します。


タービンをまわして発電するというのは、どれも共通しています。発電方法の違いは、その動力をなんで得るかという違いですね。


直接燃焼方式の場合だとも燃やしているわけで、二酸化炭素が発生するんじゃ...なんて思ちゃいますが、「カーボンニュートラル」という考え方では、問題ありません。


植物は成長する時、CO2を吸収しています。そのため、バイオマス燃料として燃焼した時、CO2が排出されてもトータルでみたとき、大気のCO2の量は変わらないということです。


石油など化石燃料は違います。大本は植物かもしれませんが、CO2を吸収したのは数億年前。今燃焼させると、単にCO2を増やしているだけになっちゃうわけです。


さて、イーレックス株式会社がつかっているバイオマス燃料は、PKSと呼ばれるもの。英語で、Palm Kernel Shellの略。これは、パーム椰子の種からパーム油を搾油した後に残った椰子殻のことです。


使いみちのないほんとにただのゴミですね。これを有効活用。燃料として、発電に利用しています。


イーレックス株式会社が確保している電源は、国内最大級のバイオマス発電所。「イーレックスニューエナジー株式会社 土佐発電所」


高知県高知市にあり、いろいろな燃料を燃焼させることができる「流動層ボイラー」というものを活用している発電所。主燃料は、もちろんPKSです。定格出力29,500kWという規模です。


この発電所だけではありません。現在建設中、2016年秋に運転開始予定なのが、「イーレックスニューエナジー佐伯株式会社 佐伯発電所」


佐伯とは、大分県佐伯市。主燃料が、PKSのバイオマス発電方式で、定格出力50,000kWを予定しています。


バイオマス発電といったら、イーレックス株式会社が思い浮かぶようになるかもしれないですね。


他にイーレックスが主要電源として活用している発電所に、千葉県市原市五井にある、「五井コーストエナジー株式会社 五井発電所」があります。


この発電所の燃料は、天然ガスですが、発電方式は、コンバインドサイクル発電方式と呼ばれるもの。


コンバインドサイクル発電方式とは、排熱の一部の蒸気を活用して、蒸気タービンをまわす発電を組み合わせている効率のいい発電方式。もともと、天然ガスは、環境負荷が比較的少ない燃料ですが、さらに環境に配慮している発電といえるでしょう。


環境に配慮した発電を応援したいという方は、イーレックス株式会社の電気を使うというのも選択肢に入ってきそうですね。


イーレックスの料金メニュー


同じイーレックスの電気といっても、全国どこでも一律というわけではありません。地域によって、単価に差が出てきます。東北エリア、関東エリア、中部エリア、近畿エリア、中国エリア、九州エリアとエリアごとに料金を紹介します。


【東北エリア】


青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、新潟県、福島県が対象になります。


●従量電灯B
○基本料金は、
30アンペアが、1契約につき972円00銭
40アンペアが、1契約につき1,296円00銭
50アンペアが、1契約につき1,620円00銭
60アンペアが、1契約につき1,944円00銭
※10アンペア、15アンペア、20アンペアについては、検討中です。


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき18円24銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円77銭
301kWh以上は、1kWhにつき 27円60銭


●従量電灯C
○基本料金は、1kVAにつき324円00銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき18円24銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円77銭
301kWh以上は、1kWhにつき 27円60銭


【関東エリア】


群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)が対象になります。


●従量電灯B
○基本料金は、
10アンペアが、1契約につき279円40銭
15アンペアが、1契約につき419円10銭
20アンペアが、1契約につき558円80銭
30アンペアが、1契約につき838円20銭
40アンペアが、1契約につき1,117円60銭
50アンペアが、1契約につき1,397円00銭
60アンペアが、1契約につき1,676円40銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき19円35銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円36銭
301kWh以上は、1kWhにつき27円24銭


●従量電灯C
○基本料金は、1kVAにつき279円40銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき19円35銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円36銭
301kWh以上は、1kWhにつき27円24銭


【中部エリア】


長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、静岡県の一部が対象になります。


●従量電灯B
○基本料金は、
10アンペアが、1契約につき278円27銭
15アンペアが、1契約につき417円41銭
20アンペアが、1契約につき556円54銭
30アンペアが、1契約につき834円81銭
40アンペアが、1契約につき1113円08銭
50アンペアが、1契約につき1391円35銭
60アンペアが、1契約につき1669円62銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき20円60銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円08銭
301kWh以上は、1kWhにつき25円59銭


●従量電灯C
○基本料金は、1kVAにつき278円27銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき20円60銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき24円08銭
301kWh以上は、1kWhにつき25円59銭


【近畿エリア】


滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、岐阜県の一部が対象になります。


●従量電灯A
○基本料金は、1契約につき373円73銭。
※はじめの15kWh分を含む


○電力量料金は、
16kWhから 120kWhが、1kWhにつき22円83銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき28円09銭
301kWh以上は、1kWhにつき28円66銭


●従量電灯B
○基本料金は、1kVAにつき369円36銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき20円47銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき21円04銭
301kWh以上は、1kWhにつき24円08銭


【中国エリア】


鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県の一部が対象になります。


●従量電灯A
○基本料金は、1契約につき330円26銭。
※はじめの15kWh分を含む


○電力量料金は、
16kWhから 120kWhが、1kWhにつき20円34銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき26円66銭
301kWh以上は、1kWhにつき27円24銭


●従量電灯B
○基本料金は、1kVAにつき387円61銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき17円70銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき23円21銭
301kWh以上は、1kWhにつき23円48銭


【九州エリア】


佐賀県、福岡県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、広島県の一部が対象になります。


●従量電灯B
○基本料金は、
30アンペアが、1契約につき871円29銭
40アンペアが、1契約につき1,161円72銭
50アンペアが、1契約につき1,452円15銭
60アンペアが、1契約につき1,742円58銭
※10アンペア、15アンペア、20アンペアについては、検討中です。


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき17円13銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき22円18銭
301kWh以上は、1kWhにつき23円27銭


●従量電灯C
○基本料金は、1kVAにつき290円43銭


○電力量料金は、
1 kWhから 120kWhが、1kWhにつき17円13銭
121kWhから300kWhが、1kWhにつき22円18銭
301kWh以上は、1kWhにつき23円27銭


イーレックスの電気にすると今よりいくら安くなる


料金メニューをみても、今払っている電気代よりいくらぐらいお得になるのか分かりにくい所。地域別に目安をみてみましょう。


【関東エリア 従量電灯B】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,532円になります。年間で、5,619円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、14,080 円になります。年間で、11,038円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、18,628円になります。年間で、16,458円のお得です。


【近畿エリア 従量電灯A】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,512円になります。年間で、5,861円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、13,810 円になります。年間で、14,276円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、18,109円になります。年間で、22,691円のお得です。


【中部エリア 従量電灯B】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,598 円になります。年間で、4,820 円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、14,153 円になります。年間で、10,161円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、18,708円になります。年間で、15,501円のお得です。


【九州エリア 従量電灯B】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,695 円になります。年間で、3,664 円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、14,256 円になります。年間で、 8,924円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、18,818円になります。年間で、14,185円のお得です。


【東北エリア 従量電灯B】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,912 円になります。年間で、1,062 円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、14,717 円になります。年間で、 3,400 円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、19,522円になります。年間で、5,738円のお得です。


【近畿エリア 従量電灯A】
●電気代が1ヶ月1万円の家庭は、9,794 円になります。年間で、2,475円のお得です。
●電気代が1ヶ月1万5,000円の家庭は、14,493円になります。年間で、6,082円のお得です。
●電気代が1ヶ月2万円の家庭は、19,193円になります。年間で、9,688円のお得です。


地域によってお得度が違ってきますね。東北エリアの方が一番お得度が低いようです。お得度が高いのは、近畿、関東。人が集中しているところの方が、安くしやすいのかもしれません。


あなたの家庭の電気代は、今いくらぐらいでしょうか。年間1万円くらい節約できるのなら、電気会社をイーレックスに変更してもいい気がします。10年だと10万円の差がついちゃいますからね。


関連ページ

エネゴリくんのENEOSでんき?【JX日鉱日石エネルギー株式会社】
異色のタッグ!旅行会社が電力を販売?【H.I.S.(エイチ・アイ・エス)】
総出力62万kW!扇島パワーステーション【昭和シェル石油株式会社】
新電力NO.1!NTT・東京ガス・大阪ガスの共同出資【株式会社エネット】
いくらお得?ガスと電気のずっともプラン【東京ガス】



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較