新規参入の電力会社一覧

太陽光発電100%の「太陽のでんき」【NTTスマイルエナジー】

太陽光発電100%という電気が登場します。それが、NTTスマイルエナジーの「太陽のでんき」。
※NTTスマイルエナジーは、NTT西日本の電力管理サービス子会社です。


理想の電気!ぜひここの電気を利用したい!!なんて人も多いと思いますが、ちょっと特殊な電気になります。


「太陽のでんき」を利用できるのは、太陽光パネルを設置している家で、しかも太陽光発電の遠隔モニタリングサービス「エコめがね」を使っている家です。


NTTスマイルエナジーは、株式会社エネットと共同で全国約8,000箇所の小規模太陽光発電設備からFIT電気を調達します。


8,000箇所が日本全国に分散しているのが、大きな利点です。太陽光発電というと、曇、雨の日は、当然発電効率が落ちます。


発電設備が、1箇所に集中していると、その地域の天気がくずれるとどうしようもありませんが、分散しているため、どこかが雨でも、どこか晴れているというわけです。


太陽光発電の電気だけあって、時間に制限があります。太陽が出ている昼間だけということですね。提供される時間は、8時から16時になります。


それ以外の時間はどうなるんだー!という話ですが、16時から翌日8時の夜間の時間帯は、エネットが保有する、天然ガス(LNG)発電を中心とした発電所からの電気になります。一応、燃焼時の二酸化炭素の排出量が少ないということになっています。


まっ、月光発電が開発されるか、蓄電の技術が進まない限り、夜は仕方がないでしょう。

【使用条件は?】


●電気をご利用頂く場所で、余剰買取方式の太陽光発電を設置いただいていること


●電気をご利用頂く場所で、NTTスマイルエナジーの太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」をご利用いただいていること


の2点です。太陽のでんきを使うなら、余剰電気の売電先もNTTスマイルエナジーに変更しなければならないような気がしますが、今の売電先のままでいいです。


【いつから?】


2016年5月中旬からです。


【サービス提供地域は?】


沖縄と一部離島を除く地域です。ほぼ日本中ですね。


【料金メニューは?】


電気料金は2016年3月まで契約していた電力会社の提供する従量電灯A、B、 従量電灯B、Cとほぼ同じ予定です。


割引メニューもなく、料金一緒なので、乗り換える意味がないように思っちゃいます。ただ、太陽光の余剰売電でポイントが付与され、それで電気料金を値引くことができるので、節電するほどお得になるようです。


まぁ、料金より太陽光100パーセントのFIT電気だということが大きなメリットなわけですが...。


【申し込むには?】


NTTスマイルエナジーへの直接申しこむことはできません。NTTスマイルエナジーと業務委託契約を締結した販売パートナーを通じて申し込むことになります。


ちょっとややこしいいですね。NTTが直接受ければいいのに...なんて思っちゃいますが、いろいろあるんでしょう。


関連ページ

風力・ソーラーなど再生可能エネルギーで発電【ミツウロコグリーンエネルギー】
アピタ・ピアゴがスマ電を取り扱う!特徴・条件は?【ユニーグループ】
湘南ベルマーレ・水戸ホーリーホック...Jリーグチームの電気?!
まずは中部電力と提携「ビッグローブでんき」【BIGLOBE】
ワタミも電気!おはようメールとは?【ワタミファーム&エナジー株式会社】



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較