電力自由化最新情報

地方自治体主導?!電力小売りをはじめる県や市はどこ?

電力の小売りは、どこか企業だけが参入しているわけではありません。なんと、地方自治体が売るで電力もあります。どこの県、市が参入、または、参入を検討しているのか、みてみましょう。


【福岡県みやま市】


福岡県みやま市が、筑邦銀行などと共同出資してできた新電力会社、みやまスマートエネルギーという会社があります。ここは、他の企業と足並みそろえ、2016年の4月1日、電力の小売り解禁とともに、電力の販売を開始します。


電気料金は九州電力と比べ、平均2%くらい安くなります。月一万円の電気代払っている家庭だと、200円安くなるということですね。一年で、2400円...うーん微妙です。


ただ、みやまスマートエネルギーは、水道とセットにして割り引くサービスもあります。ガスとのセットは多いですが、水道...将来的にライフラインすべて1つの会社でまかなう日がきそうですね。その方が便利ですし...


ちなみに、水道とセットで、値引かれる額は、50円...微妙ですね。


ただ、1つ目を引くサービスがあります。2年以上の契約者にはタブレットを無料で貸し出してくれるというもの。パソコンやスマホは、持っていても、タブレットはない...なんて人は、多いはず。かなり、機能が制限されているタブレットなのかもしれませんが、無料で使えるのは、ありがたいところです。


いろいろアプリが使えたら楽しいんですけど、電気関連のことだけなんでしょうね。


【鳥取県鳥取市】


鳥取にも、鳥取市と鳥取ガスが共同で設立した新電力会社、「とっとり市民電力」があります。ただこちらは、福岡県みやま市と違い、2016年4月から電力販売!という具合にはいかないようです。


家庭向け電力の小売りは、2016年度中に始めるとのこと。間に合わなかったんでしょうか。


電力は市営の太陽光発電所などから調達し、電気とガスのセット販売で料金を割り引くことも検討中とのことです。


もう少しすると詳細な情報が出てくるでしょう。鳥取市の方は、もう少し待ちましょう。


【静岡県浜松市】


浜松市が連携したのは、NTTファシリティーズ。地域エネルギー管理システム(CEMS)などのノウハウを持っているでかい会社です。


2015年10月に浜松新電力という会社を設立。電力の小売りは、2016年度中。4月からではありません。


IT機器を活用した、節電に関する助言サービスも提供するとのこと。NTTファシリティーズならではのサービスでしょうか。


【群馬県中之条町】


群馬県中之条町が設立した、中之条パワー。年内に家庭向け小売りを開始する予定です。


そこまで大きな町ではなく(人口約1万7800人)、地産地消、メガソーラーで電気をつくっているようです。

町単位で、電力つくる時代がくるかもしれませんね。


【千葉県香取市、成田市】


千葉県香取市と成田市が、6月をメドに新電力を設立。公共施設に電力供給をはじめます。家庭向けの電力販売は、新電力を設立した後に検討とのことです。


【山形県】


山形県は、都道府県の中では、はじめて、新電力会社を設立しています。その名も「やまがた新電力」


公共施設の他に、家庭用の電力販売も今後検討していくとのことです。市よりも県の方が大きい分、何か規模も大きい気がしちゃいますね。


この辺が、電力小売事業に参入した地方自治体です。自治体主導の新電力は、成功するでしょうか。


消費者からすると名前の聞いたことのない会社の電気より、地方自治体が関わっている方が安心。信頼度が違います。これらの新電力が成功したら、他の地方自治体もたくさん参入してきそうですが...


関連ページ

「楽天エナジー」を展開している楽天は電力自由化に参入しない?
経済産業省が電力自由化の集中相談窓口開設!日時は?
順番待ち!スマートメーター設置が間に合わないとどうなる?!
新電力、電力購入先の一番人気はどこの会社?
関西の新電力移行状況は?どこが一番人気?



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較