電力自由化最新情報

「楽天エナジー」を展開している楽天は電力自由化に参入しない?

電力自由化で各社が電気の小売に乗り出していますが、楽天の名前はききません。


実は、楽天は、電力をすでに販売しています。「楽天エナジー」というサービスで、楽天トラベルを利用しているホテル、旅館や実店舗を持った楽天市場の出店者に向けたもの。2013年から販売しています。


実績がすでにあるなら、家庭用の電力販売にも参入してきそうなところですが、いまだ沈黙を守ったままです。


2016年3月2日に電力自由化EXPO2016というものが開催され、その中で、楽天のエネルギー事業部長がいろいろと語っていたので抜粋してみてみましょう。


『様々な商材を扱う楽天にとって、電気は特別な商材ではありません。これまでのノウハウを活かす形で、楽天経済圏に電気を取り込むのが私のミッションです』


楽天は、あらゆる業界に参入していますが、電気にもちゃんと参入する気があるようですね。では、なぜ2016年4月からはじめないかですが...


『ルール決めから実際の自由化までの期間が短く、戦略的自由度が低いので、戦略を立てる余裕がある2017年のガスの自由化を見据えることにした』


戦略をきっちり立ててから参入するということですね。後から出てきた会社でも、サービスがよければ、みんなそちらに移ります。楽天がどんなサービスを打ち出してくるのかは、楽しみなところです。


ガスの話が出ていましたが、2017年のガスの自由化を見据え、すでに、動き出しています。


○LPガス事業者クレックス(千葉県)が設立した「クレアールエナジー」社に出資
○アストモスエネルギー(業界2位のLPガス事業者)と提携、LPガスの購入時に「楽天スーパーポイント」を付与するサービスを発表


ガスは、一年後なので、綿密に計画を練って動いているんでしょうね。


電気の方は、どうなんだ...ですが、楽天エネルギー事業部長の話では「楽天スーパーポイント」の活用が中心の戦略になっていくようですね。


『楽天としては、まず電気を払うとポイントが付くという世の中を待っていました。』


『スーパーセールに電力を組み込んだり、デマンドレスポンスでポイントを山分けしたり、いろいろ考えられる。300円安いとか400円安いではない差別化ができる。』


『ポイントには
○値引き以上のインパクトを演出できる
○施策にフレキシビリティーをもたらす
○電気という、まさに色がつかない商材に差別化要素をもたらす
などの差別化マーケティング効果がある』


う~ん...ポイントですか。もう、すでに他の電力会社が、ポイントサービスを打ち出してるので、それほど目新しさはありませんね。


楽天ポイントをためている人にとっては、待ってましたなのかもしれないですが...他にも何か、楽天ならではの切り口を出してきてほしいところです。


ちなみに、東京ガスの「パッチョポイント」は、楽天スーパーポイントに交換可能ですが、これよりは、ためやすいものになりそうですね。


ブランド名は、やはり、楽天でんきとか楽天デンキでしょうか。楽天電気と漢字にしちゃうと、なんか、電気店名にみえちゃいます。


楽天ユーザーの方、楽天でんき?の発表があるまで、もうしばらく待ちましょう。


関連ページ

家庭用の電力小売りスタート前にはやくも撤退「日本ロジテック協同組合」
東京ガスの「キャプテン翼」ならぬ「副キャプテン自由化」とは?
経済産業省が電力自由化の集中相談窓口開設!日時は?
順番待ち!スマートメーター設置が間に合わないとどうなる?!
電力自由化キャラバン開始!電力自由化キャラバンって何?



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較