電力自由化最新情報

東京電力株式会社から東京電力ホールディングス株式会社へ!

ご存知ない方も多いと思いますが、電力自由化がはじまる2016年4月1日から、東京電力株式会社は、ホールディングカンパニー制へ移行、会社が分割されます。名前が、まぎらわしいものだったりするので、ざっと抑えておきましょう。


新ブランドとして登場するのは、「東京電力エナジーパートナー」「東京電力フュエル&パワー」
「東京電力パワーグリッド」。そして、これら3社をまとめる持株会社が「東京電力ホールディングス株式会社」になります。


東京電力という言葉がついているので、別の会社と間違うことはないでしょうが、エナジーパートナーなんてカタカナがくっついていると戸惑ってしまいます。それぞれの会社の役割をみてみましょう。


●東京電力エナジーパートナー


一般消費者が電気購入のために契約する小売電気事業会社が、「東京電力エナジーパートナー」です。電気会社を変更する予定のない人は、2016年4月1日以後は、この会社のお世話になります。


「東京電力エナジーパートナー」という名前くらいは、覚えておきましょう。


エナジーパートナーと名前につけたように、「電気を含む様々なエネルギー商品やサービスを消費者に提供する」としています。東電が、電気以外のものを販売するのもおかしな話ですが...


●東京電力フュエル&パワー


発電や、燃料の調達をおこなう、燃料、火力発電事業会社が「東京電力フュエル&パワー」です。フュエルが燃料で、パワーが電気という意味ですね。


電気を作り出す全ての大本。今後再生可能エネルギーの発電に移行していくかどうかも、この会社が担っていきそうです。


※余談ですが、「東京電力フュエル&パワー」の電力の「力」がカタカナの「カ」にみえて、「カフュエル&パワー」にみえちゃいます。カフュという言葉に引っ張られているのかもしれません


●東京電力パワーグリッド


発電する会社と、消費者が契約する会社が出ました。後1つは何?という話ですが、電気を送る会社、一般送配電事業会社の「東京電力パワーグリッド」です。


分かりやすくいえば、電線担当みたいな感じでしょうか。


2020年には、発送電完全分離が決まっています。この時になると、「東京電力パワーグリッド」は、完全に東京電力グループから切り離され、あらゆる電力事業者に対して、公平な送配電事業を行う会社になります。


発電と送配電は、きってもきれないもの。送配電事業会社が、いつまでも東京電力の傘下にいたら、他の会社にとって、不利ですからね。


東京電力だけでなく、他の地域も発電と送電は分離します。


新規参入した電気会社が新たに、各家庭まで電線を引くんなら問題ないんでしょうが、無駄な手間だし、お金がいくらあっても足りません。今あるものを公平に有効に利用するため、送配電を、別の会社にしていくんですね。


これらグループを統括するのが、「東京電力ホールディングス株式会社」ですが、福島第一原子力発電所事故の賠償責任なんかは、ここが受けもつことになります。何か問題がおこると責任の所在は...なんて、いわれますが、後ろに控えている大ボス責任を果たしていくんですね。


今までは、発電所で事故があったなんてニュースがあっても、電気を別の会社から購入するという選択肢がありませんでした。これからは、何か不祥事があると、ユーザーは、簡単に乗り換えることができてしまいます。東京電力に限らす、他の電力会社も気を引き締めてかかって欲しいところです。


関連ページ

東京電力・北陸電力・中国電力・沖縄電力で料金値上げ?!
東京都民の60%以上が電気会社切り替えを検討!その理由は?
いくら安くなると電力会社変更を検討?生活者意識調査結果
電力自由化を控え大型石炭火力発電所の新設計画容認!
どれくらいの人が申し込んだ?電力自由化、電気会社移行状況



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較