電気料金節約で省エネ!

政府が教える家庭の節電メニューと削減率【冬季編・夏季編】

政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」というWEBページがあります。運営しているのは、経済産業省資源エネルギー庁。夏季と冬季に分かれ、いろいろな節電メニューとその削減率が載っています。


政府おすすめの節電方法には、どんなものがあるのか...。他の記事とだぶる方法もあるでしょうが、冬季編をまとめてみます。


冬季編


●重ね着などをして、室温20度に心がける(エアコン)⇒削減率7パーセント!
エアコンは、設定温度を下げることで、節電効果が見込めます。温度を2度下げた場合で、削減率7パーセント。結構でかいですね。


夏のクーラーなんかは、設定温度いじると、後は、我慢しかなかったりしますが、冬の暖房は、重ね着という方法で、その分をカバーできます。室温20度なら、まったく問題ないでしょう。


見えるところに、温湿度計をつけることで、室温を気にするようになります。


●窓に厚手のカーテンをつける⇒削減率1パーセント!
窓は、ガラス1枚へだてて、外の冷たい冷気に触れています。せっかくの暖まった空気が、そのガラスに触れて冷えてしまうんですね。


厚手のカーテンがあることで、ガラスに触れるのを防ぐ...ということでしょう。


後は、【夏季編】にかいたのと同じ節電方法が並びます。その他の節電メニューで、冬季独自のをみてみます。


●夕方に電気製品の使用が重ならないよう家事の段取りを組む!


これは、電気料金を下げるための節電でなく、電力を安定して供給させるための節電ですね。


夕方は、結構電気製品を使うんですね。学校、会社、外出してた人間が、家に帰ってくる...外がだんだん暗くなってくるので、照明をつける、電子レンジ、オーブン、炊飯器、夕食のための電気...テレビをつける...ゲーム機、パソコンの電源入れる...洗濯機、乾燥機を使い出す人もいるでしょう...一気に電力消費が増えるんですね。


政府いわく、「夕方以降に、一斉に負荷の高い電気製品を使用することがないよう、一日の家事の段取りをお願い致します」とのことです。


●電気カーペットは、人のいる部分だけを温める!設定温度は、「中」か「弱」


●エアコンのフィルターを定期的に掃除!


定期的ってどのくらいの間隔...?というところですが、2週間に1回程度が目安です。そんな頻繁に掃除をしてない人が多いんじゃないでしょうか。エアコンのフィルターの掃除って結構、面倒ですからね。


ただ、ホコリを吸い込んじゃっている分、こまめに掃除をした方がいいというのも分かります。どんな部屋でも2週間もほっといたら、結構床にホコリがたまりますからね。空気中には、たくさんホコリが漂っています。ほんと、迷惑な存在です...


●扇風機やサーキュレーターで部屋の上部の暖気を循環させる!


●電気の暖房機器を使用する場合は、エアコン、電気ストーブ・ヒーターを上手に使い分ける!


家族そろった広い部屋でみんなが暖まる時は、エアコン。広い部屋でも、1人で、足元を暖めるだけの場合は、電気ストーブという具合です。


ただ、電気ストーブって、小さなものでも電気代かかったりするんですよね。電気ストーブよりは、カーボンヒーターの方が、消費電力が少なくて、温まることができたりします。


夏季編


政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」というWEBページをみつけました。経済産業省資源エネルギー庁が運営しているところで、いろいろな節電メニューと削減率が夏季と冬季に分かれ載っています。


国お墨付きの節電方法には、どんなものがあるのか...。他の記事とだぶる方法もあるでしょうが、夏季編をまとめてみます。


●エアコンの設定温度は28℃!⇒削減率10パーセント!


やはり、政府も28度推奨なんですね。暑いときなんか、もっと冷やしたいところですが、電気を10パーセントも削減できます。なんとか、28度で抑えておきたいところです。


●「すだれ」や「よしず」などで窓からの日差しを和らげる!⇒削減率10パーセント!


「すだれ」は、知っていても「よしず」はご存知ない方も多いでしょうか。どっちも同じようなものです。


「すだれ」は、基本細く割った竹でできていて、軒につるして使うもの。「よしず」は、葦(あし)でできていて、「すだれ」より大きめ。立てかけてつかうものです。海の家の前に立てかけてあるものというと、思い当たるでしょうか。


削減率が、10パーセントというのは大きいですね。それだけ日の光で、部屋の中の空気が暖まってしまうでしょう。


●無理のない範囲でエアコンを消し、扇風機を使用!⇒削減率50パーセント!


無理のない範囲とついているので、助かりますね。まぁ、無理をしてしまうと、熱中症なんかになってしまって、節電どころでは無くなっちゃいますからね。


ある程度部屋が冷えたら扇風機で十分だったりしますからね。削減率の50パーセントは、大きいです。ただ、注意したいのは、あまり頻繁にエアコンをオン・オフしていると逆に電気代が高くついてしまうという点。一度消したら、当分そのまんまです。


●冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変え、扉を開ける時間をできるだけ減らし、食品を詰め込まない!⇒削減率2パーセント!


扉を開ける時間を減らすというのは、分かっていても、結構開けたままにしちゃってるんですよね。中に何が入っているかホワイトボードなんかにかいておくと、いいかもしれません。


将来は、扉が透明なスケルトン冷蔵庫なんか開発されるんじゃ...なんて思っていたら、もうあるようです。


●日中はできるだけ照明を消す。⇒削減率5パーセント!


昼間も癖で、電気をつけっちゃったりしてるんですよね。完全に無駄な灯りだったりします。チャリンチャリンチャリーンとお金がドブに捨てられているのをみたら、誰でも止めるでしょうが、同じことなんですよね。


光は、夜の闇を照らすものです。


●テレビを省エネモードに設定し、画面の輝度を下げ、必要な時以外消す!⇒削減率2パーセント!


省エネモードに設定、画面の輝度を下げるのはできても、必要な時以外消すというのは、難しそうですね。


なんとなく、ダラダラテレビをみるというのが、、楽しかったりしますが、そこは我慢。時間も有意義に使えます。


●炊飯器のタイマー機能を活用、早朝に1日分まとめて炊いて、冷蔵庫、冷凍庫で保存!⇒削減率2パーセント!


ご飯は、炊きたてが一番美味しいのは分かっていますが、毎食でなくてもいいんじゃないでしょうか。最近の炊飯器は、性能がいいので、朝炊いたのを夜たべても十分美味しいです。

●リモコンの電源ではなく、本体の主電源を切る。長時間使わない機器はコンセントからプラグを抜く。⇒削減率2パーセント!


主電源を切るのは、面倒だな...と思っちゃいますが、テレビをきるのは、席と立つときなので、ついでに切る癖をつけちゃえばいいでしょう。


コンセントからプラグを抜くのが面倒なんて人は、スイッチ付きのタップを使ってもいいでしょう。


この辺りが、政府が推奨している節電メニューです。王道といえば、王道な項目ばかりですね。他に細かいのがいくつか紹介してあったので、まとめておきます。


●お湯はコンロで沸かし、電気ポットの電源は切る!


●洗濯機は、容量80%程度を目安にまとめ洗い!


●掃除機の紙パック式は、こまめにパックを交換!(ゴミがたまってくると吸い込む力が弱り、余計に電気の力がいる)


●電力会社のウェブサイトに登録して、消費電力を「見える化」する!


関連ページ

日本一の節電!?1ヶ月の電気代500円の一家はどう暮らしてる?
こんな商品もあるの?!手軽に使える節電グッズ紹介
その手があったか!見落としがちな節電テクニック
意外な調査結果!節約志向の人が一番重視するのは「節電」?
自宅でガスを使って発電?!お湯も同時につくるエコウィル



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較