電気料金節約で省エネ!

省エネルギーラベル・統一省エネルギーラベルの表示内容

あまり電気代のかからない家電、省エネ対応の家電を使うようにこころがければ、さらに電気代を節約することができますが、その時の目安となるのが、省エネルギーラベルです。


電気店の見本商品にくっついていたり、カタログにのっていたりするので、みかけることも多いでしょう。実は、省エネルギーラベルといっても、省エネルギーラベルと統一省エネルギーラベルに分かれていたりします。


2つの違いは何か、何が表示されているかについて説明します。


省エネルギーラベル


省エネルギーラベルは、2000年8月からJIS(日本工業規格)によって導入されました。2000年...そこまで昔じゃありません。ECOエコが一般的に知られるようになってきた頃でしょうか。不景気が続いて、電気代節約の意識が高まっていたという理由もあったんでしょう。


「トップランナー基準」という省エネ法で定めた目標基準を達成しているかどうかを製造事業者がラベルに表示します。消費者は、商品ごとで、省エネ度合いを比較しやすいので便利です。


すべての電化製品にくっついているイメージもありますが、対象機器のみです。省エネルギーラベリング制度の対象機器は、


エアコン、
テレビ、
DVDレコーダー、
電気冷蔵庫、
電気冷凍庫、
ジャー炊飯器、
電子レンジ、
蛍光灯器具、
電気便座、
パソコン、
磁気ディスク装置、
変圧器、
ストーブ、
ガス調理機器、
ガス温水聞き、
石油温水聞き、
ルーティング機器、
スイッチング機器、
電気温水器、
交流電動機、
電球型LEDランプ


以上、21製品となっています。あまり電化製品を買い換えない人でも、アナログテレビから地デジテレビに切り替えがあったので、その時ラベルをチェックしているはずです。


パソコンなんかは、買い換えるサイクルがはやいので、よく目にしているかもしれません。ただ、パソコンの新製品はスペックばかりに注目しがち。ちゃんと省エネルギーラベリングにも注意を払いたいところです。


【省エネルギーラベルに表示されているのは?】


省エネルギーラベルは、省エネ性マーク、省エネ基準達成率、エネルギー消費効率、目標年度の4つの情報が表示されています。それぞれどんなものかみてみましょう。


○省エネ性マーク
省エネ基準達成率100%以上のトップランナー基準を達成した製品に、グリーンのマークが表示してあります。達成していない製品はオレンジのマークです。


緑の方が省エネということですね。ECOイコール緑ということなんでしょう。覚えやすいです。


○省エネ基準達成率
その製品のトップランナー基準の目標基準値を、何パーセント達成しているかというこ率です。パソコンの場合、達成率100%以上200%未満が「A」、達成率200%以上500%未満が「AA」、500%以上が「AAA」と表示されます。


○エネルギー消費効率


製品ごとに定められた方法で測定した数値です。効率で表してある場合、エネルギーの消費量(年間消費電力量など)で表してある場合があります。


○目標年度
目標年度は、トップランナー基準を達成するべき目標の年度。製品や区分ごとで設定されています。


省エネルギーラベルでは、省エネ基準達成率の数値が一番参考にできそうです。


統一省エネルギーラベル


統一省エネルギーラベルは、省エネルギー性能を星の数で表してあります。星で評価したあると一目瞭然で分かりますね。他に省エネルギーラベルと年間の目安電気料金も表示してあります。


省エネルギーラベルのグレードアップ版が統一省エネルギーラベルというかんじですね。ただし、対象商品は限られています。


エアコン、冷蔵庫、テレビ、電気便座、蛍光灯器具のみ。良く売れる家電に絞ってあります。


【統一省エネルギーラベルに表示されているのは?】


○年度
このラベルを作成した年度が一番上にかかれています。どの段階の省エネ性能かということですね。


○星の評価
省エネ性の星は、5段階。チューボーですよ!は、星3つです!で満点ですが、統一省エネルギーラベルだとまだ上があります。


星の下に矢印がついていて、いくつ以上の星でトップランナー基準を達成しているかが分かるようになっています。


星5つ満点で、星1つしかついてない商品だとちょっと引っかかちゃいますね。


○省エネルギーラベル
省エネルギーラベルがそのままくっついています。省エネ性マーク、省エネ基準達成率、エネルギー消費効率、目標年度がしっかり表示してあります。


○年間の目安電気料金
エネルギー消費効率をわかりやすくするために、年間の目安電気料金も表示してあります。
「この製品を一年間使用した場合の目安電気料金〇〇円」
こちらの商品は、1年で約6000円の電気代。こちらは、1年で4000円。一発で違いが分かりますね。最低限、これだけついていてくれれば、いい気もします。


実は、もう1つ簡易版統一省エネルギーラベルというものも存在します。これは、統一省エネルギーラベルから、星での評価、多段階評価を抜いたラベル。


対象商品は、電気冷凍庫、ジャー炊飯器、電子レンジ、DVDレコーダー、VTR、ガス調理器、ガス温水器、石油温水器、電気温水器、電球形LEDランプとなっています。冷蔵庫やテレビほど売れないので簡易版ということなんでしょうか。


家電全商品に、星がついていてくれても分かりやすいんですが、評価する方も大変なんでしょうね。


関連ページ

省エネ家電は昔の製品と比べて消費電力はどのくらい減ってる?
ジャー・電気ポット・電子レンジ・食器洗い機・洗濯機・掃除機の省エネ方法
冷蔵庫・エアコン・TVの省エネ方法 | 電気代いくら節約可能?
日本一の節電!?1ヶ月の電気代500円の一家はどう暮らしてる?
こんな商品もあるの?!手軽に使える節電グッズ紹介



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較