電力自由化(応用知識編)

電力自由化のおかげ?電力は十分足りてる?夏の節電はもう不要?

一年で、一番電気が使われるのは、夏。近年の猛暑を乗り切るには、クーラーを使うしかなく、各家庭ガンガン電気を使ってしまうわけです。


そのため毎年のようにいわれるのが、夏の節電。みんなが電気を使うと、電気の供給がおっつかなくなってしまいます。


ただ、電力の自由化になり、供給量は増えているはず...まだ足りていないんでしょうか...。


経済産業省がまとめた2016年夏の、各地の電力需給予測をみてみましょう。
※需要は、2010年度並みの猛暑を想定。東京電力と中部電力は、2015年度、関西電力、九州電力は、2013年度並みの猛暑を想定しています。


【7月】


●北海道は、
○需要が、413万kW
○供給力が、476万kW
その差63万kW。予備率、15.1パーセント


●東北は、
○需要が、1,359万kW
○供給力が、1,427万kW
その差68万kW。予備率、5.0パーセント


●東京は、
○需要が、4,733万kW
○供給力が、5,042万kW
その差309万kW。予備率、6.5パーセント


●中部は、
○需要が、2,513万kW
○供給力が、2,639万kW
その差126万kW。予備率、5.0パーセント


●関西は、
○需要が、2,551万kW
○供給力が、2,672万kW
その差121万kW。予備率、4.7パーセント


●北陸は、
○需要が、545万kW
○供給力が、601万kW
その差56万kW。予備率、10.3パーセント


●中国は、
○需要が、1,091万kW
○供給力が、1,238万kW
その差147万kW。予備率、13.4パーセント


●四国は、
○需要が、529万kW
○供給力が、566万kW
その差37万kW。予備率、6.9パーセント


●九州は、
○需要が、1,508万kW
○供給力が、1,730万kW
その差222万kW。予備率、14.7パーセント


【8月】


●北海道は、
○需要が、428万kW
○供給力が、515万kW
その差87万kW。予備率、20.2パーセント


●東北は、
○需要が、1,381万kW
○供給力が、1,484万kW
その差102万kW。予備率、7.4パーセント


●東京は、
○需要が、4,733万kW
○供給力が、5,124万kW
その差391万kW。予備率、8.3パーセント


●中部は、
○需要が、2,476万kW
○供給力が、2,654万kW
その差178万kW。予備率、7.2パーセント


●関西は、
○需要が、2,551万kW
○供給力が、2,673万kW
その差122万kW。予備率、4.8パーセント


●北陸は、
○需要が、545万kW
○供給力が、605万kW
その差60万kW。予備率、11.1パーセント


●中国は、
○需要が、1,091万kW
○供給力が、1,233万kW
その差142万kW。予備率、13.0パーセント


●四国は、
○需要が、529万kW
○供給力が、560万kW
その差31万kW。予備率、5.8パーセント


●九州は、
○需要が、1,508万kW
○供給力が、1,656万kW
その差149万kW。予備率、9.8パーセント


ぜんぜん足りていますね。7月も8月も、当然のように供給が需要をうわまわっています。


最後にかかれている「予備率」とは、供給力がピーク時の需要をどれだけ上回っているを示しているもの。安定供給に必要なのは、最低限3パーセント。どこも大きく上回っています。
※9社合計だと予備率は、8.9パーセント。安定水準です。


余力十分、たとえ猛暑がきても、さほど節電を意識しなくてもいいということでしょう。


ちなみに、東日本大震災前と現在を比べると、大手電力会社から、新電力会社へ移った需要は、約1千万キロワットの見通し。


約1千万キロワットといわれてもピンとこない方も多いでしょうが、原子力発電所10基分の電気。そういわれると結構な量です。


各社、自社の発電所をつくっていますからね。原子力発電所10基分の電気丸々供給量が増えたわけではないでしょうが、かなり増えているはずです。


発電でゆうと、屋根にとりつけられた家庭用太陽光パネルもありますね。普及がさらにすすめば、電気の供給量が増えることになるでしょう。


逆の発想?、家電側も省電の技術が進んでいくはず、電気の需要の方が減っていくというのもあります。人口が減ることで、需要減るということもあるでしょう。


そう考えると未来は、電気が余る時代になっていきそうですね。電気がだぶつく?供給過多になりどんどん電気料金が下がるとうれしいところです。水道代くらいまで、下がりませんかねぇ...。


関連ページ

再生エネルギー・自然エネルギー中心の電力会社は?
たくさんある電力自由化・新電力関連本の紹介
どれだけ知ってる?電気の小売り事業の登録事業者一覧
切り替え申し込みは東京・関西に集中?地域別の電力市場規模は?



↓人気の無料診断サービス


でんくまくん

電力自由化(基礎知識編)

 

電力自由化(応用知識編)

 

大手電力会社情報一覧

 

新規参入の電力会社一覧

 

電力自由化最新情報

 

電気料金節約で省エネ!

 

格安SIM比較